イチローさんが宮崎県に1000万円寄付!

数日前の記事です。
イチローが
「鳥インフルエンザ対策、新燃岳火山噴火など、急を要する財源としてお役立て下さい」
と宮崎県に1000万円を寄付したのだそう。

これは本当にすごいことだと思います。

中には、「偽善だ」「売名行為だ」「彼の給料からしたら大したことない」など、心ない感想を述べる人がいて非常に悲しく思います。

確かに多額の給料からすれば、この金額は少ないのかもしれません。(実際のところは分かりませんが)

しか~し、
まず評価すべき点は、その行為自体。
困っている人を助けようとする行為…普段私達はおこなっているでしょうか?

そもそも、イチローが手に入れたのは100%「努力」して勝ち取った地位やお金です。
親がお金持ちだから勝手にお金が入ってくるとか、親から毎月1000万円振り込んでくる人などとはワケが違います。

結果を出さないと生きていけないプロスポーツの世界で、結果を出し続ける。
これって精神的にも身体的にも並大抵な努力では立ち続けられません。
その努力の結晶から、困っている人のためにためになりたいという行為をする。
素晴らしすぎます。

この姿ってワタクシの理想の姿なんです。
この記事読んでやる気がさらに出ました。

でも、興奮して仕事になりません。

コメントは受け付けていません。